かんさいまるっと

どんな明日が来たって この手で君を守るから

とれ関 2017/6/4 文字起こし

康二「6月4日の向井康二です!」(タイトルコール)3人「こんばんはー!」康二「どうも。関西ジャニーズJr.の、塩麹よりも向井康二と」リチャを目印担当、草間リチャード敬太と」末澤「ざわわざわわ末澤誠也です」康二「この番組は、僕たち関西ジャニーズJr.が交代でパーソナリティを務め、ありの〜ままの〜声をお届けしている番組でございます」リチャ「ギリやで、今のw」康二「出演メンバーはですね、月ごとに交代で毎月3人が出演しています。今回は私、向井と草間と末澤の3人が担当しております!」

康二「よろしくお願いします、皆さん」末澤「よろしくお願いします」リチャ「草間呼びやめてくれへんかなw」末澤「草間て。慣れへんわ、草間て」リチャ「ほんまに」康二「敬太で!」リチャ「どっちも慣れへんわw」末澤「敬太。敬太も慣れへんな」康二「なぜこのメンバーなのかはね、あとでトークしていきたいと思います」2人「はい」康二「ということで、6月はこの3人でお送りしていきます。1ヶ月間よろしくお願いします!」2人「お願いします」

康二「ということで、改めまして、関西ジャニーズJr.の向井康二と」リチャ「草間リチャード敬太と」末澤「末澤誠也です」康二「よろしくお願いしまーす!」2人「お願いしまーす!」康二「謎の3人組」リチャ「いやほんまに」末澤「なあこれ」康二「謎の3人組」末澤「でもありそうでなかったよね」康二「まあこの組み合わせちょっとなぜか気になりません?」末澤「なるなる」リチャ「めっちゃ気になる」康二「マネージャーからなんも聞いてません?」リチャ「聞いてないです」末澤「聞いてないよ?」康二「なんか僕この前の、この、ラジオのイベントで、なんか、キュンキュンワード対決みたいな、西畑大吾とやってそれ勝ったのよ」2人「おお」末澤「大吾に」康二「そうそう。それのご褒美で、あの、2人自由に選んでいいよみたいな」リチャ「ほうほう」末澤「あ、康二チョイスってこと?」リチャ「なるほど」康二「康二チョイス…いやほんまは三宅くんと会いたいっていう」末澤「あ、要望は出したんや」康二「あってんけど、やっぱ三宅くんのほうにオファー出したらしいねんけど、やっぱ忙しいらしく」末澤「まあまあ、そりゃそうやわ」リチャ「それはな」康二「まあ誰?ってなったんでしょうね」2人「はははw」康二「あの楽屋お味噌汁持ってくる子ね(声真似)」末澤「そこは認識されてんねんなw」康二「覚えられてるから、俺」末澤「味噌汁で覚えられてる」康二「それはすごい嬉しいから。三宅くんどうも、お味噌汁の子です」2人「はははw」末澤「聞いてくれてるかな」康二「聞いてくれてるでしょう」リチャ「聞いてくれてるよ」康二「で、このメンツになりましたよ」リチャ「あ、そうなん」末澤「おお。なるほどね」リチャ「希望してくれたってこと?」康二「そうです。もうめちゃくちゃ迷った。ある意味罰ゲーム」末澤「は?どういうことやねんw」リチャ「どういうこと?」末澤「どういうことやねん」康二「むずない?」末澤「まあまあ、いっぱいおるからな、関西Jr.もな」康二「あってん。理想が。道枝と西村くん」末澤「はははw ちょっと待って?w」リチャ「まあまあ、意外やな」末澤「かなり意外やで。まあみっちーはまあわかるよ、結構。西村?」リチャ「西村くんな」末澤「西村拓哉くんな?」康二「にしむーらー。ありがと、フルネーム」末澤「西村拓哉くん」康二「そういうな、フォローね。イケメンやな、スエはね」リチャ「あの髪の毛のセットばり上手い子やんな」康二「そうそう。そうなん?」末澤「上手い上手い上手い上手い」康二「それ俺知らんけどw」末澤「西村くん上手いな」リチャ「めっちゃ上手いねん」康二「今度アドレスを交換しようかな思ってますから」末澤「あ〜、そうなんや」康二「そうそうそう。だからそういうメンツもアリかなと」末澤「あ〜。なるほど」リチャ「だから第一希望じゃなかったってこと?俺ら」康二「うん。そう。4ぐらい」リチャ「ふっw」末澤「帰ろか」リチャ「普通に言うやんw」末澤「帰ろか!」リチャ「帰ろか」末澤「帰ろ」康二「待ってよ。待ってよお。お客さんが喜ぶメンツにしたんやで?俺」2人「はははw」康二「お客さん的に末リチャカップルにしたんやん」末澤「いやでも康二と俺も94年コンビやん」康二「それ俺は認めてないんですけど」末澤「なんでやねんw 認めるもなにもそうやからw」康二「認めてないんですけど、俺。これで時間が経つから」末澤「結構経ってるから、もうw」康二「フリートークの無駄」末澤「長いからw」康二「時間の無駄使い」末澤「はいはいはいはいはい」康二「ストップストップストップ。忘れてた、これ夜中や。声のボリューム落とそ?」末澤「もう結構序盤から忘れてたw」リチャ「ほんまにw」康二「久しぶりのお仕事やから」2人「わかるwww」末澤「ちょっとな、楽しなるしなw」リチャ「ほんまな、気合い入ってるからw」康二「リチャードのヒゲの長さがw」リチャ「ほんまやめて?w」康二「暇さがw」末澤「暇さがなw」康二「そう、久しぶりやから」リチャ「ボーボーです。ヒゲボーボーです」末澤「ヒゲボーボーやから」康二「ボリューム皆さんダウンしましょう」末澤「はい。ダウン」康二「夜中ですからね」末澤「夜中やから」リチャ「うん」

康二「ということで、今日はお便りたくさん来ておりますので」リチャ「そうですね」康二「紹介していきましょう」末澤「さあ行こうか」康二「さあ誰か読んでください。手元にありますね?」リチャ「あ、じゃあ僕読みましょか?」康二「はい。読んでください」リチャ「はい。えー、ラジオネーム、えー、私からしたら誠也くんは高身長さん」2人「お?」康二「まああとで触れよう」リチャ「そやね。からいただきました。はい。えー、康二くん、誠也くん、リチャードくんこんばんは」2人「こんばんは」リチャ「今回誠也くんとリチャードくんがとれ関に一緒に出るということで、付き合っているお二人にいつからお付き合いが始まったのか、初デートはどこか、どっちが彼女で彼氏なのかなど色々教えてほしいです」康二「なるほどね。ありがとうございます、お便り」2人「ありがとうございます」康二「これもうちょっと話してよ、2人で」末澤「なんて?まずなんて?」リチャ「えっと」康二「付き合っている?」リチャ「お付き合いがいつから始まったのか」康二「あ〜。いつからなの?お付き合い」誠也「お付き合いいつからやろな」康二「まず否定をしやんところね」2人「はははw」康二「否定をしないところ。リアルなところ」末澤「いや、ちゃうやんちゃうやん。でもリチャとも、俺こんな仲ようなったんいつからやっけって話はしてことあるやん。やけどお互い覚えてへんねん」リチャ「そやねん。わからんねん。いつの間にかやから」末澤「そう。結構急にやんな。たぶんな」リチャ「うん」康二「今日も一緒に来てたしね」末澤「そう」康二「俺1人や。俺1人で来たやん」2人「まあまあまあまあ」リチャ「方面ちゃうし」末澤「そう。方面ちゃうし」康二「いや、方面ちゃうやん」末澤「はははw」康二「スエここら辺やん、しかも」末澤「そやねん、俺ここら辺w」康二「まあいいよ。お手紙の内容行きましょ?」末澤「初デートの場所。そんなん覚えてへんわ!」康二「デートっていうか遊びに行ったところ」末澤「カフェちゃう?絶対!」リチャ「あ、カフェやわ」康二「どこのカフェ?」末澤「うーん。大阪ちゃう?」リチャ「大阪」康二「大阪の?」末澤「そんな詳しく言わんやろw」リチャ「誰が言うねんw」康二「ファンは知りたいから〜」リチャ「いやいや、知られたら困るやろ、そんなんw」康二「知りたいから〜」末澤「いやいや、行って見られてたら嫌」リチャ「鉢合わすやないかいw」康二「2人のスペースに入りたいから〜」末澤「入ってほしくない」リチャ「観察されるやん、やめてやw」末澤「カフェはでも多いから」康二「あ、そう」末澤「リチャと結構な?」リチャ「うん」末澤「カフェ行くことは多いな」リチャ「カフェ多いな」康二「あ、そうなんや」リチャ「こないだもカフェ行ったな」末澤「行ったな」康二「へー。すごいね。なにすんの、カフェで」2人「喋る」康二「何を喋んの」リチャ「別に」末澤「色んなこと。仕事のことも喋るしプライベートのことも喋るし」リチャ「たわいもないこと」末澤「そうそうそう」康二「あ、まじで?」末澤「別にそんなだから何するってわけじゃないよな、だから」康二「あ、そうなん」末澤「そうそうそう。そんな」康二「俺この前スエと久しぶりに、ごめんな、遊んだんよ、2人で」リチャ「うん」末澤「そうそうそう」康二「ごめんな。たぶんリチャードと別れてから俺会ったんよ、スエと」リチャ「え、あーね」康二「うん。ごめんな。1回落ち着いて?」リチャ「あ、待って待って待って。知ってる」康二「あ、知ってる?」末澤「はははw」リチャ「うん。あの、ちゃんと報告受けてるんで」末澤「あの〜、全部報告してるから、リチャに」康二「あー、なるほど。なるほど。そうなんや」末澤「初めてやんな、プライベートで2人で遊んだんは」康二「そうやねん。だからすごい気まずい」末澤「気まずいとかw」リチャ「それあれやんな。俺が帰らなあかんかった日やろ?」末澤「そうそうそうそうそう」康二「俺はリチャードがおると思ってて行ったのに。大阪に、奈良からわざわざ大阪に」末澤「そう、来てくれてんな?」康二「帰るって」末澤「そう、リチャが帰るっつってなw」康二「意味わからん」リチャ「ちゃうやん、末澤が俺が帰るってこと言わんかったんやで?w」康二「そうやで。俺大阪着いてから言い出したから帰られへんし。ほんならなんかな、来てやみたいな」末澤「いやまあそういうときじゃないとないやん、こうあんま。な?」康二「いやいや、話す内容無いもん」末澤「いや、結構話したで?」康二「結構実は話しました」末澤「仕事の話もガッツリしたで?結構」康二「色々」末澤「真面目な話」康二「結構ね、スエ落ち着くね」末澤「結構」康二「正門の次に落ち着く」末澤「正門の次に落ち着く?よかったよ」康二「正門の次に落ち着く。なるほどね。ちょっとどう?全部答えれた?今」リチャ「うん。あ、どっちが彼女で彼氏なのかw」康二「それだけハッキリしよう」リチャ「どっちがとかないよな。彼氏彼女とかじゃないからさ、まず」末澤「そうそうそう」康二「あるとしたら」末澤「まあ俺が彼女なんちゃうんかな」康二「まあ身長的にもね」末澤「身長的にもやし、俺が声掛けるのが多いから。何してんの?って言うんが多いから」康二「あー、なるほどね」リチャ「だって俺が彼女やったらキモない?w」末澤「いやそんなことはないよ、別にw」康二「嫌や。なんかチューしたらヒゲすりすり」リチャ「普通に考えてや、嫌やろw」康二「嫌やわ。なるほどね」リチャ「そやな」末澤「そうそうそう」康二「あーまあまあ」リチャ「強いて言うならってやつ」末澤「強いて言うならな?」康二「メールの内容は全部答えれたんじゃないでしょうか」リチャ「答えれたんじゃないすか?」末澤「答えれたと思うよ?」康二「ちょっとね、もういいです、スエとリチャードのカップルの話は」リチャ「ふふふw」末澤「もういいですか?」


康二「ちょっとこれ読んでください」末澤「これ読むの?」康二「はい」末澤「康二くん、末澤くん、リチャくんこんばんは」2人「こんばんは」末澤「3人のラジオが決まった日から放送がすごく待ち遠しかったです」2人「ありがとうございます」末澤「ジャニーズWESTのDVD『24から感謝届けます』買いました」2人「ありがとうございます」末澤「バックで踊ってる曲もJr.コーナーもあっちこっちに色んな関ジュがいっぱい映ってて、とても楽しいです」2人「ありがとうございます」末澤「BIG GAMEで末澤くんがカメラに抜かれる瞬間 踊りながら指差ししてたのがほんまにかっこよくて心臓を射抜かれました」康二「やっば。自分でかっこいい思ってる」リチャ「やば」末澤「発売から日は経ちましたが、ここの自分を見てほしいっていう3人それぞれのオススメポイントを聞きたいです。これからも関ジュ応援しています」2人「ありがとうございます」康二「なるほどね。まあスエのね、なんかもう、シーンはもう終わったから、もう言うてたし」2人「うん」康二「あと2人のシーンやね」末澤「そうね。俺はそう、指差し」康二「そこでいいの?そこでいいの?そこ普通?」末澤「俺まだ見てないねんやん、これ」康二「あ、そうなん?」末澤「そうそうそう。だから俺指差ししたんかなって思ってんねんけど」康二「いまもう無意識やん。だって今もラジオ中12回くらい指差ししてんで」末澤「するかw」康二「まじで」末澤「どのタイミングすんねん。してへんわ」リチャ「康二12回?」康二「俺12回」リチャ「俺もっとされてるからごめん」康二「まじかよ〜」末澤「ええねん、そこで張り合わんで」リチャ「ははw」康二「別にスエの指差しいらんしな」末澤「いらんやろ。この場でいらんやろ」康二「ごめん俺先端恐怖症やねん」末澤「なんでやねんw」康二「先端恐怖症やねん」末澤「え?なんで2回言うたんw」康二「森田美勇人かって」末澤「もうええねんもう!」リチャ「ええから話進めろや!」康二「え?俺はね、あるある。あの、抜かれました、俺も指差し」末澤「あ、指差し?」康二「指差し抜かれました。ゴイゴイスー」末澤「出たよ」康二「抜かれました」リチャ「指差し?」末澤「指差しって言うん?それ」リチャ「地面指差してるやん、もうw」末澤「そうやんw カメラちゃうやろw」康二「しかもやる場所がBIG GAMEのコーナー。ナーナーナー ナーナーナー ゴイゴイスー!」末澤「ようやったな」康二「いや来たね。ギネス級やで。ゴイゴイスー人の前にやるのは」末澤「すごい。京セラやからな」康二「ねえ。ダイアン津田さん感謝です」末澤「感謝やな。確かに」康二「僕はそこですね」末澤「そこがオススメか」康二「はい」リチャ「えー、俺?俺もまだ見てないねんけど、でもファンの人に話しかけられて言われたんは、どこにいてもわかりますって言われた」康二「あ〜、目印担当」リチャ「そう。だからどこに映っててもわかるから、だから全てが見どころかな、俺は」康二「あ〜!」末澤「そうやな。すぐわかるもんな。あ、リチャやってなるもんな」康二「それいいよな〜」末澤「それいいと思うわ」康二「あ、おった。敬太くんおったみたいな感じ」末澤「そんなめちゃめちゃ探さんくてもさ、あ、あれやってなるもんな」リチャ「そうそうそうそうそう」康二「まあスエやったら、え、待って?スエ?あれ?あ、目の前おったって感じ」末澤「そんなちっさないねん」リチャ「どれどれ?末澤?まとくん?丈?」末澤「そこはよう間違えられんねんw」リチャ「その3人はまじで間違うから」康二「ちっちゃいのまとめすぎやん」末澤「ちっちゃいのね」康二「これ発売してるんすよね、今ね」リチャ「そうそうそう」康二「ちょっと資料をね、ちょっとね、読んどきますか?」末澤「はい」康二「ちょっとDVD・Blu-ray、2017、5月24、ねえ、発売されましたけどもね」2人「うん」康二「すごい、だからJr.のね、コーナーも載っけてくれるのはほんとに」末澤「ありがたいなあ、ほんまに」康二「ありがたいですね。これDVD・Blu-ray初回仕様、DVD仕様、Blu-ray仕様。見どころいっぱいありますからね」末澤「あるからね」康二「是非楽しみにしてほしいなと思いますので、僕らも載ってますので是非チェックしてください。お願いします」2人「お願いします!」康二「もう10分以上経ってるからね?というわけで、時間が来たので、今日はここまででございます。たくさんのメールありがとうございます」2人「ありがとうございました」康二「じゃあここで一旦CMです」


康二「さあ皆さん、エンディングのお時間でございます」末澤「早いなあ」康二「今曲が流れてますけどもね、亀と山P、背中越しのチャンスでございますよ」末澤「はいはいはいはい」康二「今流行りのね」末澤「流行りの」リチャ「流行りのね」康二「あの2人がまたタッグを組みました」末澤「12年振りの」康二「最高でございますよ。僕もドラマ見てるんですけど」末澤「俺も見てる」リチャ「見てます」康二「めちゃくちゃキュンキュンする」末澤「するな」リチャ「する」康二「是非皆さんね、土曜日見てください。お願いします」末澤「お願いします」康二「僕も出るかもしれませんので」2人「出ないですね」康二「出ないですね?」末澤「はいはいはい」康二「まあさあさあ、エンディングということは、番組エンディングの恒例、甘いおやすみのコーナーでございます」リチャ「出た」末澤「うわ、まじ出たよ〜」康二「まあもうみんな寝てるで?」末澤「まあまあ、そうやな」康二「寝てるけども」末澤「寝てるけども一応?」康二「起こす感じで」リチャ「起こす感じのおやすみなん?」末澤「逆になん?逆にここで起こすん?」康二「起こしちゃう」末澤「おやすみで?」康二「キュンキュンして起こしちゃうという」末澤「あ、キュンキュンしてね?」康二「感じでございますよ。ね?関西ジャニーズJr. とれたて関ジュースはJAM×JAMの最後の、えー、締めくくる番組でございますけども、毎週だれか1人がリスナーの皆様に向けて甘いおやすみのセリフを言うコーナーでございます。知ってますよね、もうね」リチャ「はい」康二「で、ここにくじがありますので。引きましょう」末澤「トラウマやからな、もう」康二「いっせーのでで引きましょか?俺これ!」リチャ「ちょ、もう選ぶ権利なかってんけどw」康二「あ、じゃあもうちょい変えよか」リチャ「いいよいいよいいよいいよ」康二「おっけ。いっせーので。さあさあ、決まりましたからね。はいはいはい。えー、関西ジャニーズJr. とれたて関ジュースでは皆さんからのお便りをお待ちしています」リチャ「メールはkjr@jocr.jpまで」末澤「お葉書の場合は郵便番号650-8580 ラジオ関西 関西ジャニーズJr. とれたて関ジュースの係まで」康二「それでは、今週は関西ジャニーズJr.の向井康二と」リチャ「草間リチャード敬太と」末澤「末澤誠也でお送りしました!」

草間「え?全然寝れへんの?んー。じゃあギュってしてあげるから一緒に寝よ?おやすみ」康二「リチャードでした〜。また来週も絶対聞いてくださ〜い」リチャ「嫌や〜!」3人「ばいばーい!」